秋の行楽シーズンに便利なスマホアクセサリーをご紹介

arrowsは単体でもとても便利なものですが、この製品があるとarrowsの活用の幅が広がる!という製品ってありますよね。

今回は秋の行楽シーズンにお出かけする際、役立つ商品を3つご紹介します。利用方法なども記載していますので、これは!というものがありましたら、購入してarrowsをどんどん活用してみてくださいね。

忘れ物が多い方にオススメ!

まず最初にご紹介するのが、「TrackR pixel」です。この製品は、鍵や財布、バックなど失くしたくないものに取り付けるだけで、置き忘れ防止や追跡が可能なBluetooth®トラッカーです。 お出かけ先で物をなくすとせっかくの楽しい時間が台無しですよね。わすれものが多い方は必見です。

サイズはとても小さく、財布の中に入れてもかさばらないサイズです。
具体的な機能としては、以下の通りです。

  1. 一定距離(最長30m)を離れると、TrackR pixel自体がアラートを鳴らして、置き忘れを警告してくれます。(arrowsには通知のみしてくれます)
    必ずいつも提携する財布などに取り付けておくと便利です。
  2. arrowsを操作することで、TrackR Pixelを光らせ音を鳴らし、場所を特定できます。(TrackR Pixelを操作してarrowsを鳴らすことも可能です。)
    あれどこいっちゃった?というときに便利な機能です。LEDライトで光るので、夜でもしっかり見つかります。
  3. クラウドロケートにより、紛失物の追跡が可能です。
    最後に確認された場所をarrowsで知ることもできます。さらに、置き忘れてしまった場所から、そのものが移動してしまっても、クラウドロケート機能であなたのarrowsにお知らせがきます。
    ※クラウドロケートとはTrackRアプリユーザーによるグローバルネットワークです。TrackRの近く(Bluetooth圏内)を、他のTrackRユーザー(アプリをバックグラウンドで起動中)が通ると、スマホに通知が届き、そのアイテムの位置情報を把握することができます。
    そのため、TrackR pixelを持っている人が多くなれば多くなるほど、失くしものが見つかる可能性が上がります。

それでは実際に、使ってみましょう。

arrowsとBluetoothでつなげる

まずは、arrowsとTrackR pixelをBluetoothでつなげ、機能を使えるようにします。
※BluetoothをONにしておく必要があります。

  1. まず、arrowsにTrackRアプリをダウンロードします。
    TrackR (トラッカール)
  2. ダウンロード後、アプリを立ち上げます。
  3. ローケーションサービスの「許可を与える」をタップします。
  4. 端末の位置情報へのアクセスに関して「許可」をタップします。
  5. TrackRのアプリの「登録」をタップします。
  6. 「名前」、「メールアドレス」、「パスワード(2回)」を入力し、「登録」をタップします。
  7. 先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。
  8. 利用規約を確認し、「チェック」をし、「利用規約に同意する」をタップします。
  9. 「新しいデバイスの追加」をタップします。
  10. 「TrackR pixel」をタップします。
  11. 登録するTrackR pixelの「名前」を入力し、「次に進む」をタップします。
  12. 登録するTrackR pixelをarrowsの近くに置き下部にあるボタンを押し、「次に進む」をタップします。
  13. 接続に成功しましたら、「完了」をタップします。
  14. 履歴を有効にするには「アイテム履歴を有効にする」をタップします。
  15. この画面が表示されたら、登録完了です。

arrowsからTrackR pixelを鳴らしてみる

TrackR pixelをつけたものが見当たらない場合、arrowsを操作して光と音で見つける手助けをします。

  1. アプリを立ち上げ「検索を開始」をタップします。
  2. TrackR pixelが音とLEDライトで場所を知らせてくれます。

しっかりと音もするので、家でどこに置いただろうというときにも役立ちますよ。

TrackR pixelからarrowsを鳴らしてみる

先ほどとは逆で、arrowsが見つからない場合にTrackR pixelのボタンを押すことで音を鳴らしarrowsの場所を教えてくれます。

  1. TrackR pixelの下部にあるボタンを押します。
  2. スマートフォンから音が出て場所を知らせてくれます。

大切なarrowsはしっかり管理しましょう!

ないない!とよく騒ぐ方は、TrackR pixelを利用して不安をなくしましょう!

おせわんポイント!
「TrackR pixelは、arrows1台に対して複数個登録できるため、財布、カバン、鍵などいろいろなものにTrackR pixelを取り付けしっかり管理するといいんだワン!」

移動中スマートに音楽を楽しみたい方にオススメ!

続いてご紹介するのが、モバイルのために生まれたオーディオブランドGLIDiC(グライディック)の「GLIDiC Sound Air TW-7000」です。
お出かけのお供に最適な完全ワイヤレスイヤホンです。コードがないため、スマートに音楽を楽しむことができます。さらに、この製品はプロのアーティストも使うカスタムイヤホンを作っているイヤホンメーカー「カナルワークス」監修の独自イヤホン形状でフィット感が良く、長旅にも最適です。

イヤホンの表面はメタリック加工がされており、シックでスタイリッシュなデザインになっています。

その他主な特長としては、以下の通りです。

  1. Fast Charge
    10分間の充電で、約2時間の再生ができます。
    充電するの忘れていたとしても、身支度をする間など、少しの時間で充電できるので便利ですよね。
  2. Multi-communication Mode(外音取り込み機能)
    イヤホンを着けたままでもボタンひとつで周囲の音を取り込めるため、イヤホンを着けたままでも会話が楽しめます。
    コンビニでのお会計の際などにいちいちイヤホンを外さなくいいので便利ですね。
  3. 快適なBluetooth接続
    最新のソリューションと緻密な設計により、安定した接続を実現しています。
    ワイヤレスイヤホンで心配なのが接続ですよね。その接続が安定しているのもGLIDiC Sound Air TW-7000のいいところですね。

それでは実際に、使ってみましょう!

arrowsとBluetoothでつなげる

まずは、arrowsとGLIDiC Sound Air TW-7000をBluetoothでつなぎ、利用できるようにします。

  1. GLIDiC Sound Air TW-7000のイヤホンをケースから出します。
    ※右側のイヤホンが赤、白、赤、白と点滅していることを確認します。
  2. arrowsとペアリングするため、「設定」をタップします。
  3. 「接続済みの端末」をタップします。
  4. 「新しいデバイスとペア設定する」をタップします。
  5. 「GLIDiC TW-7000」をタップします。
  6. 「ペア設定する」をタップします。
  7. 利用可能なメディアデバイスに「GLIDiC TW-7000」が表示されたら完了です。

尚、以後はイヤホンをケースから取り出すだけで、かんたんに接続できます。

各種操作方法

左右にあるボタンだけで、音楽の再生/停止、曲の送り/戻し、音量の上げ/下げはもちろん電話を受けたり、着信拒否をすることなんかもできます。

  • 操作ボタン(左右に1つずつあります)
  • 各種操作方法
    1. 再生/停止:右のボタンを1回押す
    2. 曲送り:右のボタンを長押し(2秒)
    3. 曲戻し:左のボタンを長押し(2秒)
    4. 音量上げ:右のボタンを2回押す
    5. 音量下げ:左のボタンを2回押す
    6. 電話を受ける:着信があったら左右どちらかのボタンを1回押す
    7. 着信拒否:着信があったらどちらかを長押し

Multi-communication Mode(外音取り込み機能)を使ってみる

先ほども少し紹介したMulti-communication Modeは、音楽を聴きながらも外の音が聞こえる機能です。わざわざ、ちょっとした会話の際、イヤホンを外すのは面倒というときに、とても役立ちます。

操作方法としては、Multi-communication Modeのオン/オフともに「左のボタンを1回押す」だけでできます。

ワイヤレスイヤホンをご検討の方は、GLIDiC Sound Air TW-7000も検討に入れてみてはいかがでしょうか?

おせわんポイント!
「GLIDiC Sound Air TW-7000は、耳のサイズに合わせてイヤーピースが選べるようXS~Lまで4サイズを付属しているのもGOODだワン!」

キャンプ好きの方にオススメ!

最後にご紹介するのが、「CampStove 2(キャンプストーブ2)」です。この製品はなんとたき火で発生した熱を電気に変換して、arrowsが充電できるという優れものです。
これからの季節、気温も少し落ち、キャンプには最適ですよね。そんなときにとても役立つ製品です。

キャンプの際、電源を取れない場所も多いと思います。そんなとき、スマホの充電がやばいなんて状況になったら大変ですよね。でもCampStove 2(キャンプストーブ2)があれば、調理をするついでにarrowsの充電までしてくれます。

商品の詳細としては、以下の通りです。

  • 自然燃料での調理や発電を実現
    ガスやガソリンは使用せず、小枝、薪などの自然燃料で調理や充電ができます。
  • フレックスライトで夜の調理も!
    付属のフレックスライトをUSBポートに繋げると、調理の手元を照らしてくれるので、暗い中での調理もしっかり行えます。
  • LEDのインジケータで一目でわかる!
    現在の蓄電量がインジケータで筐体に表示されているので、充電してみようと思ったら充電できなかったなんてこともありません。

それでは実際に、使ってみましょう!

使い方

CampStove 2(キャンプストーブ2)を利用してarrowsを充電する方法をご紹介します。

  1. まず、小枝などをCampStove 2(キャンプストーブ2)に入れます。
  2. 火をつけ、10秒後ぐらいに電源ボタンを2度押します。
  3. ファンが周り、燃焼をサポートしてくれます。
    電源ボタンを押すとファンの強弱が変わり、調理するものにより火加減も調整できます!
  4. タイプCケーブルを取り付け充電をします。

さらに事前にUSBケーブルでCampStove 2(キャンプストーブ2)を充電しておけば、たき火をしていないときもモバイルバッテリーとしても使えますよ。

キャンプマスターにも、キャンプ初心者にもとても便利な製品です。

おせわんポイント!
「CampStove 2(キャンプストーブ2)は、付属品も充実しており、ケトルポット、コーヒープレスを購入すれば、キャンプの朝、おいしいコーヒーを入れながら充電できるんだワン!

火の扱いには充分注意してください。

※機能/画像は全て2019年9月現在のものです。

いかがでしたか?
今回はお出かけに便利な商品を3つほどご紹介しましたが、arrowsの活用の幅を広げるものは、まだまだあります。今後もどんどん紹介していきますのでよろしくお願いします!みなさんarrowsをフル活用して、スマートフォンライフを楽しみましょう!