スマホ決済とは?メリットやオススメサービスを紹介!

みなさん、最近いろいろなところで耳にするスマホ決済はご存知ですか?もう利用しているという方も多いかと思います。スマホ決済は、現金が手元になくても、スマホさえあれば物が購入できたり、サービスを受けたりできるものです。なんといっても現金のやりとりがないためスピーディーで、小銭が増えないというのがメリットですよね。
さらに多くのサービスは、お支払い総額に対して数パーセントのポイントがつきますので、消費税増税もありますし、賢く利用することでお得に活用できます。
まだ利用していないという方がいらっしゃったら、是非この記事を読んで検討してみてください。

スマホ決済の種類

スマホ決済は非常にたくさんの種類があるので、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?
そのため、どのような種類があるのかをご説明します。

まず、店頭での支払い方法は大きく2つに分かれます。
スマホを専用端末にかざして決済する「非接触型IC決済」、QRコードを利用する「QRコード(バーコード)決済」です。

  • 非接触型IC決済
    FeliCaなどの非接触型ICカード技術が搭載されたスマホで利用できる支払い方法のため、FeliCaが搭載されていないスマホでは利用ができません。(ちなみにarrowsのスマホはMVNOのM01以外は対応しています。)チャージやクレジットカードを登録して、店舗の専用端末にスマホをかざして決済する仕組みです。
  • QRコード(バーコード)決済
    アプリをインストールし、チャージやクレジットカードを登録して利用する仕組みです。なお、支払いの際には店舗側でQRコード(バーコード)を読み取ってもらう方法と自分でQRコード(バーコード)を読み取る方法の2通りあります。

    さらに支払いをするタイミングにも大きく3つあります。前払い方式、即時払い方式、後払い方式です。

  • 前払い方式
    前払い方式とは、その名の通り事前にお金をチャージしておくことで利用ができる支払い方法のことです。電鉄系のモバイルSuicaなどさまざまなサービスがこの方法を使っています。

    チャージする金額は自分自身で決められるため、あとから使い過ぎちゃった、どうしよう…ということを回避することができます。

  • 即時払い方式
    即時払い方式とは、いわゆるデビットカードのことで、支払いと同時に銀行口座から金額が引き落とされる仕組みです。
    クレジットカードと違い、銀行口座に残高がなければ利用できないため、使いすぎを防ぐことができます。
    この方式を採用しているサービスは、現状少ないです。
  • 後払い方式
    後払い方式は、クレジットカードと連携しているものなどで、ポストペイとも呼ばれています。クレジットカードの請求と一緒にお支払いいただく方式です。
    入金の必要がないので、手間が省けます。

スマホ決済のメリット

スマホ決済には先ほども一部紹介しましたが、いろいろなメリットがあります。

  • 会計がスピーディー!
    コンビニなどでの支払いの際、現金だと小銭を探したり、店員さんがお釣りを用意したり、時間がかかってしまうことってありますよね。スマホ決済は機械に読み取ってもらうだけなので、会計がスピーディーにできます。
  • ポイントでお得に!
    スマホ決済のサービスのほとんどが、利用金額に応じたポイント還元があります。現金払いでは受けられないためお得です。さらにクレジットカードと連携しているサービスですとクレジットカードのポイントもあり非常にお得です。

    尚、現在はスマホ決済を普及させるために各社がさまざまなキャンペーンを実施しており、還元率がアップしています。キャンペーン内容や還元率は各社で異なるため、よりお得なキャンペーンを実施している事業者を選ぶのも一つの手です。

  • 補償制度も充実
    スマホ決済で心配なことの一つとして不正利用がありますよね。すべてのサービスではないのですが、PayPay、LINE Pay、メルペイでは、補償制度を導入しています。不正利用されても全額補償してくれるサービスもありますので安心して利用できますね。

スマホ決済オススメサービス

今回はオススメの9つのスマホ決済サービスをご紹介します。

※下の表は縦横にスクロールしてご覧いただけます。

サービス名 特長 ポイント還元率 支払い方法 支払いタイミング 主な使える実店舗 不正利用の補償について
PayPay
  • 利用者、利用できる店舗が多い
  • クレジットカードがなくても利用できる
  • ポイント還元率の高いキャンペーンを実施
0.5~3%
  • QRコード
    (バーコード)
  • 前払い方式(銀行口座など)
  • 後払い方式(クレジットカード)
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
イトーヨーカドー、西友などのスーパー。
マツモトキヨシ、サンドラックなどのドラックストア。
松屋、かっぱ寿司などの飲食。
など
有り
補償の範囲は不正利用された金額(第三者から回収できた金額を差し引いた金額)
LINE Pay
  • 友だち同士で手軽に送金できる
  • LINEポイントを支払いに利用できる
  • 公共料金や通販の請求書に記載されたバーコードを使って支払いできる
0.5~2%
  • QRコード
    (バーコード)
  • 前払い(銀行口座、コンビニなど)
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
ヤマダ電機、ビックカメラ、コジマなどの家電量販店。
カラオケ館、ビッグエコーなどのカラオケ店。
など
有り
補償範囲は、1事故あたり原則10万円(第三者から回収できた金額を差し引いた額)
楽天ペイ
  • 楽天会員なら登録が簡単
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
0.5%~1.5%
  • QRコード
    (バーコード)
  • 後払い方式(クレジットカード)
  • 前払い方式(楽天キャッシュ)
ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラなどの家電量販店。
ウェルシア、スギ薬局などのドラックストア。
など
無し
(楽天ペイ側の故意又は重過失による場合は除く)
メルペイ
  • メルカリでの売上金をメルペイとして利用できる
  • 電子マネーiDに対応している店舗でも利用できる
0%
  • QRコード
    (バーコード)
    ※電子マネーiD(非接触型IC決済)での支払いも可能
  • 前払い方式(銀行口座など)
ローソン、ミニストップ、ジャパンタクシー、松屋、クスリのアオキなど 有り
補償の範囲は損害の額に相当する金額
Amazon Pay
  • Amazonアカウントを使ってスムーズに支払いできる
  • セキュリティ面が安心
1%
  • QRコード
    (バーコード)
後払い方式(クレジットカード) 飲食店、クリニック、花屋、美容室など 規約に記載なし
楽天Edyアプリ
  • 使い方次第でポイントの二重取りができる
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
0.5%
  • 非接触型IC決済
前払い方式(コンビニ、クレジットカードなど) セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
イトーヨーカドー、サミットなどのスーパー。
マツモトキヨシ、ツルハドラッグなどのドラックストア。
TSUTAYA、紀伊国屋などの本、CD&DVD販売店。
など
規約に記載なし
モバイルWAON
  • 貯めたWAONポイントはショッピングなどの支払いで利用できる
  • 指定された配送業者の端末でも利用できる
0.5%
  • 非接触型IC決済
前払い方式(店舗、クレジットカードなど) ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
AEON、ダイエーなどのスーパー。
ウェルシア、ハックドラッグなどのドラックストア。その他ホテル、高速道路など
補償なし(紛失・盗難の場合)
nanacoモバイル
  • 貯めたnanacoポイントはショッピングなどの支払いで利用できる
  • iPhoneは非対応
0.5%
  • 非接触型IC決済
前払い方式(店舗、クレジットカードなど) セブン-イレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、デニーズ、吉野家など 規約に記載なし
モバイルSuica
  • 日本各地の電車に乗れる
  • 定期券にもなる
0.5~1% 非接触型IC決済 前払い方式(クレジットカードなど) 日本各地の電鉄、駅売店。
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ。
など
規約に記載なし

1. PayPay

PayPayは、ソフトバンクグループのPayPay株式会社が展開するスマホ決済サービスです。2019年2月と5月の2度に渡り、利用者に対して100億円を還元するキャンペーンを実施したことで話題となりました。

2018年10月にサービスをスタートしてからわずか10カ月で登録者数が1,000万人を突破しており、利用できる店舗も100万店を超えています。
いろいろなキャンペーンを実施しているというのも特長の一つです。

おせわんポイント!
「ソフトバンクグループのため、Yahoo!カードを持っている方やヤフオクなどYahoo!関連のサービスをよく利用する人にオススメだワン!」

2. LINE Pay

LINE Payは、無料通話アプリを手掛けるLINE株式会社が提供するスマホ決済サービスです。LINE Payが使える店舗に限り、特別優待が受けられるサービスも展開しています。

LINE Payでは、無料通話アプリ「LINE」に登録された友だち同士で手軽に送金できることが特長です。送金依頼や割り勘ができる機能が搭載されているため、職場の飲み会などで幹事を依頼された際にも便利です。

おせわんポイント!
「国際的なセキュリティ認証を取得しているから、セキュリティ面が気になる人はLINE Payがオススメだワン!」

3. 楽天ペイ

楽天ペイは、楽天グループが提供するスマホ決済サービスです。利用者数は公表されていないものの、楽天会員をはじめとする多くの人が利用しています。

楽天ペイの最大の特長は、楽天グループが運営するサービスを利用している楽天会員であれば登録が簡単なことが挙げられます。さらに会員ページですでにクレジットカードを登録していれば、楽天ペイを利用する際に新たにクレジットカードの登録は不要です。

おせわんポイント!
「楽天会員であれば楽天ポイントが貯まりやすいから、楽天市場といった楽天グループの利用頻度が多い人にオススメだワン!」

4. メルペイ

メルペイは、フリマアプリを運営する株式会社メルペイが提供するスマホ決済サービスです。サービスの提供をスタートしてからわずか125日で登録者数が200万人を突破し、「メルペイあと払い」といった新たなサービスにも乗り出しています。

バーコードの他に電子マネーiDでも支払いができるため、利用できる店舗が多いのも特長です。

他社ではキャッシュレス決済を利用すると数パーセント程度の還元が受けられるケースが多いものの、メルペイの還元率は通常で0%です。ただし、各種キャンペーンを実施しているため、このような期間に利用すると最大70%還元される場合もあります。

おせわんポイント!
「フリマアプリメルカリでの売り上げ金をメルペイとして利用できるため、メルカリの利用頻度が高い人にオススメだワン!」

5. Amazon Pay

Amazon Payは、世界最大級のオンラインショッピングサイトを展開するAmazonが提供するスマホ決済サービスです。

Amazonが提供しているため、Amazonアカウントがあれば新規会員登録をすることなくスムーズに支払いできることが特長です。Amazon Payで決済した場合、購入先のサイトにクレジットカード情報が渡らないのでセキュリティ面で安心です。

おせわんポイント!
「多くのECサイトで利用できるが、利用できる実店舗数は他と比べ少ないため、オンラインショッピングを楽しみたい人にオススメだワン!」

6. 楽天Edyアプリ

楽天Edyアプリは、楽天ペイ同様に楽天グループが提供するスマホ決済サービスです。楽天ペイと同様に楽天ポイントからのチャージができ、ポイントをためやすいことが魅力の一つです。

通常の還元率は0.5%と決して高くはありませんが、使い方次第ではポイントの二重取りができます。例えばリクルートカードからチャージした場合、1.2%が上乗せされるため、合計で1.7%のポイントを獲得できる仕組みとなっています。

おせわんポイント!
「公式サイトからエントリーするとお得な特典が受けられるキャンペーンが数多くあるから、お得に楽天ポイントを貯めたい人にオススメだワン!」

7. モバイルWAON

モバイルWAONは、大手流通グループのイオンが提供するスマホ決済サービスです。提携店舗での支払いに利用できるだけでなく、イオングループで利用する際にはお得な特典が受けられます。

WAONカードの発行枚数はEdyカードに続いて多く、イオングループをはじめとする49万5千箇所で利用できます。WAON専用端末にタッチした際に、「ワオン!」と鳴るのが特長です。貯めたWAONポイントはショッピングなどの支払いに利用でき、ヤマト運輸のドライバーが所持する端末でも利用できます。

おせわんポイント!
「イオングループでのショッピングが多い人にオススメだワン!」

8. nanacoモバイル

nanacoモバイルは、大手コンビニチェーンを展開する株式会社セブン&アイ・ホールディングスが提供するスマホ決済サービスです。セブン-イレブンをはじめとする多くのグループ店で利用でき、対応できる店舗は拡大しています。

対象店舗で特定の商品をnanaco(モバイル)で購入すると、ボーナスポイントが付くこともあります。また、給与振り込みの指定口座をセブン銀行にすると、お得にポイントが獲得できる仕組みとなっています。なお、おサイフケータイに対応した端末でしか利用できないため、現在のところiPhoneでは非対応となっています。

おせわんポイント!
「nanacoモバイルは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーの利用頻度が高い人にオススメだワン!」

9.モバイルSuica

モバイルSuicaは、電鉄会社の東日本旅客鉄道が提供するスマホ決済サービスです。
電車、バス、タクシーなど交通機関での利用や、駅構内の飲食店など数多くの場所で利用できます。

モバイルSuicaは年会費が1,030円かかるのですが、EASYモバイルSuicaというクレジットカードがなくても利用できるサービスは無料で利用できます。

モバイルSuicaは、2019年10月1日以降、電車に乗るだけで、2%のJRE POINTがもらえます。

おせわんポイント!
「通勤や移動でよく電車を使う人にはとてもオススメだワン!」

※情報/画像は全て2019年9月現在のものです。

このようにスマホ決済サービスは多岐にわたります。ポイントも各社で異なり、同じ事業者が提供するクレジットカードからチャージするとお得になるケースが多くあります。
貯めたポイントはショッピングなどの支払いに利用できるため、日常的に利用頻度の高いサービスを選ぶことをオススメします。また、スマホの盗難や紛失に備えてロック機能を強化すると共に、各サービスの補償面やセキュリティ面も比較しておくようにしましょう。