arrowsライフを充実させるアットエフ


arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2019.03.15 Fri

arrowsマニア情報局 第162回

思い出は自動バックアップ! 「クラウドストレージ」を使ってみよう(概要編)

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。引っ越し、今日(掲載日)の予定なのですが、執筆時現在で全然荷造りにたどり着けていません。さすがに十数年住んでいると「レガシー」が多いのです()


写真も自動バックアップできます!(要設定)

arrows @の「K崎主任といっしょ! with arrows」に掲載された「K崎主任といっしょにarrowsを学ぼう!(microSDカード編)」を読んでいてふと思い出したのですが、スマホの画像とか動画とかをずーっと端末にため込んでバックアップしていない人って案外たくさんいます。万が一端末(あるいはmicroSDカード)が故障したらどうするんだろう……。

ということで、これから数回にわたって、写真データをクラウド(オンライン)上に保存する「クラウドストレージ」サービスを紹介します。今回はどんなサービスがあるのか紹介します。

(※記事中の価格は全て税込みです)

Googleフォト:Androidスマホなら一番使いやすいかも

前々回ちょっとだけ触れた「Googleフォト(Google Photos)」はGoogle純正のギャラリー(アルバム)アプリで原則としてAndroidスマホにプリインストールされています。プリインストールされていない場合、または削除してしまった場合はGoogle Playからダウンロードできます。

最大の特徴は「高画質」保存機能を使えば容量無制限で保存できること(※)。Googleアカウントさえ持っていれば誰でも使えるので、arrowsを含めたAndroidスマホでは一番使いやすいオンラインストレージともいえます。

  • ※高画質保存を有効にすると、1600万画素以上の静止画とフルHD(1920×1080ドット)以上の動画は自動的にリサイズ(解像度変更)されます。オリジナルのまま保存したい場合は「Gmail」や「Googleドライブ(Google Drive)」と共用のストレージ容量を消費します。

    ストレージは30GBまで無料ですが、それ以上使いたい場合は「Google One」(有料のストレージ拡張サービス)に加入する必要があります。容量と価格は以下の通りです。
  • 100GB:月額250円または年額2500円
  • 200GB:月額380円または年額3800円
  • 2TB:月額1300円または年額1万3000円
  • 10TB:月額1万3000円
  • 20TB;月額2万6000円
  • 30TB:月額3万9000円

OneDrive:arrowsならアプリをプリインストール


Officeを使っていると便利です

「OneDrive」はMicrosoftが提供するオンラインストレージサービスで、最近のarrowsスマートフォンにはアプリがプリインストールされています

最大の特徴は、Microsoft OfficeやWindows 10との親和性の高さ。両ソフトウェアからはOneDriveにシームレスにアクセスできます。ストレージは5GBまで無料で、以下の有料オプションが用意されています(個人向けのみ掲載)。

  • OneDrive 50GB(ストレージ容量のみ50GBに拡大):月額249円
  • Office 365 Solo(Officeのサブクリプション+OneDriveのストレージ容量を1TBに拡大):月額1274円または年額1万2744円

Office 365を契約中の場合は、それをうまく使えば1TBのクラウドストレージを手に入れられるのでおトクです。

Dropbox:多機能さが魅力

「Dropbox」はクラウドストレージとしては老舗に相当。先の2サービスと比べると同期が比較的高速に行えることが魅力で、僕は主にこれを使っています(Google OneもOneDriveの有料サービスも契約していることは内緒ですよ)。

無料で使えるのは「Basic」プランで、ストレージは2GB。他のクラウドストレージより若干少なめです。個人向けの有料プランは以下の2つが用意されています。

  • Dropbox Plus(1TBまで拡張):月額1200円または年額1万2000円
  • Dropbox Professional(2TBまで拡張):月額2400円または年額2万4000円

若干高めな気もしなくはないですが、先ほど言った通り、同期スピードが速いのと、万が一の時にデバイスのデータを遠隔削除できるので安心です。

次回は、実際に写真ストレージとしてこれらのサービスを使う方法を紹介します(1回で終わらない可能性大です)。