arrowsライフを充実させるアットエフ


arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2019.09.06 Fri

arrowsマニア情報局 第180回

久しぶり……だけど何か違う? 「arrows U」の実像に迫る(その2)

arrows @ MAGAZINEをご覧の皆様、「せう」です。9月に入りました。そろそろスマートフォンの秋冬モデルが出てきてもおかしくない頃合いです。新しいarrowsは登場するのでしょうか。とりあえず楽しみです(チラチラ


arrows U(左)とarrows Be3(右)、見た目は似てる?

さて前回、久しぶりにソフトバンク向けに登場した「arrows U」をご紹介しました。arrows U、「arrowsっぽさ」と「arrowsっぽくなさ」の不思議なハーモニーを感じるんですよね……。

ということで、今回はソフトウェア面からarrows Uをチェックしていきます。比較対象は、ドコモ向けの「arrows Be3 F-02L」です。

一見すると「arrows Be3」と同じ

「arrowsホーム」はどちらも同じ

arrows Uもarrows Be3も、Android 9をプリインストールしています。メーカーオリジナルのホームアプリである「arrowsホーム」に切り替えると、プリインストールアプリによる違いやアイコンの配列に若干の違いはあるものの、ほぼ同じ感じです(arrows Be3側のGoogle検索ウィジェットの見た目が違うのは、ウィジェットの設定を変えているためです)。

タスク切り替えも同じ見た目

Android 9にほぼ準拠したタスク切り替えやアプリ一覧(ドロワー)表示も、両機種ともにほぼ同じです。

Super ATOK ULTIASも同じ(見た目をカスタマイズしています)

日本語入力ソフトも、両機種ともに「Super ATOK ULTIAS」です。見た目はもちろん、機能面でも同じです。

しかし設定を見てみると大きな違いが

設定画面が全然違います

設定画面を見ると、すごく大きな違いが見受けられます。

設定画面を見ると、arrows Be3は今までのarrowsと同様のカスタマイズが施された画面となっています。項目の入れ替えや名称変更は見受けられますが、とっつきやすい感じです。

一方で、arrows Uは、Android 9の標準的な設定画面に近くなっています。arrowsをずっと使っていると違和感を覚えそうですが、逆に一部を除く他メーカーのAndroidスマートフォンを使っている人ならすぐ慣れると思います。


arrows Be3でも似た表示はできます

ちなみに、arrows Be3でも設定画面で「リスト表示」をタップすればarrows Uに近い配列の表示に切り替えられます。

次回は、ソフト面におけるもう少し深い所を見ていきます。お楽しみに!