「Lightroom」の画像加工テクニック8選を紹介!

今や、スマホで写真を撮り、加工してSNSなどにアップすることが、当たり前になっています。そんな中、「少しでも魅力的に写真を残したい・シェアしたい」と考える人も多いですよね!

そんな方には、スマホで本格的な写真編集ができるアプリ「Lightroom」がおすすめです。この記事では、Lightroomの画像加工テクニック8選を紹介します。手軽に実践できそうなテクニックから高度なテクニックもあるので、試して素敵な写真をたくさん残してくださいね!

また、「Lightroom」の基本的な使い方については「Lightroomの使い方」にて紹介しています。初心者の方は、まずそちらを読んでからこの記事を読みましょう。

「Adobe Lightroom - 写真加工・編集アプリのライトルーム」のダウンロードはこちらから

1. イルミネーションをドラマチックに!

もうすでに始まっているところもありますが、冬の季節は恋人とのデートや友人とのショッピングの時に、イルミネーションを目にすることも多いですよね!そんな美しいイルミネーションは、写真でドラマチックに撮影してシェアしたいものです。

しかし、実際に写真を撮ってみると、目で見た時よりも控えめな印象になってしまう・・・という方も多いと思います。そこで今回は「Lightroom」を使用して、撮影したイルミネーションをドラマチックに加工する方法を紹介します!綺麗にイルミネーションを撮れなかったという方でも安心です。

画像加工を行う手順

  1. 加工したいイルミネーションの写真を開いたら、画面下部の「ライト」をタップします。
  2. まず実際の写真を見ながら明るさの調整をしましょう!
    「露光量」は写真全体の明るさ、「コントラスト」は明暗の強弱、「ハイライト」は明るい部分の明るさ、「シャドウ」は暗い部分の明るさを調整できます。何を調整すれば、どのように加工されるのかをしっかり把握しておきましょう。ここでは「コントラスト」以外の部分を調整します。
    • 露光量:1.75EV(写真全体の明るさをアップ)
    • ハイライト:-23(明るくなりすぎている部分を抑える)
    • シャドウ:-23(暗い部分をより暗くしてメリハリをつける)
  3. 次に「カラー」の調整を行いましょう!画面下部の「カラー」をタップします。
    「色温度」は写真全体の暖色 / 寒色、「色かぶり」は画像全体の緑っぽさ / 紫っぽさをそれぞれ調整します。ここで調整する「自然な彩度」は自然に色の鮮やかさをプラスしてくれるため便利です!
    • 自然な彩度:+32(自然に彩度を上げて鮮やかさを与える)
  4. 次に画面下部の「効果」をタップして、明瞭度を調整しましょう!「明瞭度」は、中間調の明暗や被写体のメリハリを調整する機能です。明瞭度を下げることで、画像全体を柔らかい印象に加工できるため、光の柔らかさがプラスされます。
    • 明瞭度:-32(明瞭度を下げることでソフトな印象をつくる)
  5. ここまでできたら、画面左上の矢印をタップしましょう!
    これで編集した内容が保存され、とても簡単にドラマチックなイルミネーションが完成しました。

2. 逆光の写真がよみがえる!

Lightroomを使えば、せっかくベストショットが撮れたのに、台無し・・・ということもありません!逆光でも写真を美しく仕上げることができるんです。ここでは、逆光になってしまった写真を理想の写真に生まれ変わらせる方法を紹介します。

画像加工を行う手順

  1. まずは画面下部の「ライト」をタップして、明るさを調整しましょう!
  2. 次に画面全体の明暗差を「ハイライト」で下げます。先ほどもお話しした通り、「ハイライト」は写真の明るい部分を調整できる機能です。また、「シャドウ」で暗く写ってしまっている人物を明るく調整します。
    • ハイライト:-35(明るい部分の明るさを抑える)
    • シャドウ:+83(逆光で特に暗くなっている部分を明るくする)
  3. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。
    驚くほど人物がくっきりと写り、明るくなっていますね!

3. 色味を強くする方法

クルージングを楽しんでいる時に撮影した空の写真です!空の色味が薄いのと写真全体が少し暗くなっていますね。空を実際に撮ってみると思ったほど青く写ってなく、目で見ている青空とのギャップを感じることもありますよね。

そんな時は「Lightroom」で、色味を足してみましょう!とても簡単な操作で空の写真をより青く鮮やかにすることができます。

画像加工を行う手順

  1. 今回は色を調整するので、画面下部の「カラー」をタップしましょう!
  2. 次に写真を見ながら「自然な彩度」をプラスさせていきましょう。「自然な彩度」を調整することで、強烈に色味をプラスすることなく、自然に色味を足すことができます。たったこれだけで色鮮やかな青空の写真に加工することができます!
    • 自然な彩度:+39(自然に色の鮮やかさを上げる)
  3. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。たったこれだけで写真の印象が変わりましたね!

4. 特定の色だけ補正する

先ほどの空の写真とは違い、何色もの色味がある写真を撮ることもあると思います。食べ物の写真であれば、赤味や黄味だけを調整したい・・・ということも多いです。

そんな時「Lightroom」を使えば、特定の色だけを鮮やかにして、より魅力的な写真に編集することができるんです!特定の色を鮮やかにすることで、より新鮮で美味しそうな印象の写真に加工できますよ。

画像加工を行う手順

  1. まず、画面下部の「カラー」をタップしましょう!
  2. 次に画面右側の「ミックス」をタップします。この「ミックス」から特定の色を調整することができます。
  3. 「カラーミキサー」の下にある8色のボタンから鮮やかにしたい色をタップします。色を選択したら「色相」を調整します。そうすることで、選択した色のみ鮮やかになります。
    また、「色相」の調整は下げれば色味がなくなり、上げれば色味が足されるということではありません。画像を見ていただくとわかる通り、「色相」は色の変化を調整するものなので、実際に触りながらコツを掴んでいきましょう!
    • 色相(赤):-36(赤みを強めるために色相を下げる)
    • 色相(黄):-39(黄みを強めるために色相を下げる)
    • 色相(緑):+30(緑を強めるために色相を上げる)
    • 色相(紫):+40(赤みを強めるために色相を上げる)
  4. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。
    鮮やかさが足りなかった果物が命を吹き返したように新鮮で美味しそうになりましたね!

5. 肌を柔らかい印象に変える

赤ちゃんが生まれると、ついつい可愛くて、画像のフォルダが赤ちゃんだらけになってしまいますよね!赤ちゃんをより可愛く写真に残すことでも「Lightroom」は力を発揮します。

赤ちゃんの写真で多いのが、柔らかさが足りない写真になってしまうことです。そこで、今回は肌を柔らかい印象に加工する方法を覚えましょう。「明瞭度」を下げることで、このような柔らかい印象を演出することができます。

画像加工を行う手順

  1. まず、画面下部の「効果」をタップしましょう!
  2. 次に写真を確認しながら「明瞭度」を下げて柔らかい印象をつくります。「明瞭度」を下げすぎると違和感のある柔らかさになってしまうため加工前の写真を踏まえて、数値は調整しましょう!
    • 明瞭度:-24(肌にソフトな印象を与える)
  3. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。
    温かさを感じる可愛らしい赤ちゃんの写真に加工できました!

6. 被写体の輪郭をくっきりとさせる!

光の具合などで被写体の輪郭がふわっとしてしまった・・・ということもあると思います。
やっぱり建物は輪郭がくっきりしている方が魅力的に見えるため、その加工方法を見ていきましょう!

輪郭をくっきりした印象にするには「明瞭度」を上げる操作をします。中間調の色調やシャープさがアップして、インパクトのある魅力的な写真に仕上げることができます。

画像加工を行う手順

  1. まず、画面下部の「効果」をタップしましょう!
  2. 次に写真を見ながら「明瞭度」を上げていきます。加工前の画像の状態にもよりますが、建物は比較的に思い切って数値を上げた方が良い写真になりやすいです。
    • 明瞭度:+56(輪郭にメリハリをつける)
  3. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。
    輪郭がくっきりした存在感のある写真に生まれ変わりました!

7. かすみ除去して明瞭化させる

森の中の水辺で撮影した写真ですが、湿度が高いため霧がかかったように写ってしまうということもあると思います。

そんな時「Lightroom」を使用すれば、簡単にかすみを除去して森の魅力が伝わる写真に仕上げることができます。上の写真を見ると分かる通り、まるで霧が晴れたかのようにくっきりとした写真になっていますね!

画像加工を行う手順

  1. まず、画面下部の「効果」をタップしましょう!
  2. 次に、写真を見ながら「かすみの除去」の数値を上げます。この操作だけでかすみがなくなりくっきりとした印象になります。また、かすみが除去されたことで森の魅力である緑が鮮やかに写っています。
    • かすみ除去:+77(霧のかすみをなくす)
  3. 編集が完了したら、画面左上の矢印をタップして完成です。
    かすみを除去するだけでとても印象が変わっていますね!湿度が高い場所で撮影した場合は必ず重宝する機能です。

8. レトロな雰囲気を演出

田舎で撮影した写真ですが、より田舎らしさを演出しておしゃれ感もプラスされています。簡単な加工をしただけで、アート作品のような印象を感じられるくらいです!

また、街の雰囲気に合わせて細かく調整することが可能です。ここでは、「Lightroom」を使用して、その写真のらしさを引き立てましょう。上の写真は「プロファイル」という機能を使い、レトロな雰囲気を足して加工しています。

画像加工を行う手順

  1. まず、画面下部の「プロファイル」をタップしましょう!
  2. 次にビンテージ調のプロファイルが複数表示されるので、好みのプロファイルをタップし、写真を見ながらつまみをいじって調整しましょう。もちろん「ビンテージ」以外のプロファイルを用いて全く別の雰囲気の写真にすることもできます。

    ※ここでは「ビンテージ07」を選択しています。

    • ビンテージ07:+165(レトロ感の演出)
  3. 編集が完了したら、画面右上のチェックボタンをタップして完成です。
    至って普通の街並みが、レトロな雰囲気のおしゃれな写真に仕上りました!

※情報/画像は全て2019年12月現在のものです。
※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

今やスマホで写真を撮ってSNSでシェアして楽しむのが当たり前のようになっています。そんな中、写真を簡単な手順でより魅力的にできるツールが「Lightroom」です。この記事で紹介したLightroomの画像加工テクニックを活用し、arrowsと共に魅力ある写真をぜひたくさん残してください!